今週もはじまりました!

今週もはじまりました!!

先週はチラシも入ってお問い合わせ多数いただきました!
お電話いただいても売約になってしまっていた車両も多数ありまして申し訳ございません。





まだ残っている車両もあります!
是非一度ご連絡ください☆

順次在庫も追加していますので是非お問い合わせください☆

在庫情報はこちらへ↓↓↓↓↓↓↓↓

<<< BROSS郡山在庫情報 >>>

FACEBOOKも運営中です☆イイねしてください!!

<<< FACEBOOK BROSS郡山 >>>

℡024-990-0626   

5月12日の記事


橋本です。トータルリペア様にシートの穴の補修をお願いしました。無理な金額に快く応じてくれた社長に感謝。てかどこを補修したかわかります??
多少質感が変わりますが。。。って全然気になりませんよface01その他内装補修・アルミのガリ傷なんでもできそうですよ!出張もしてくれます。またお世話になりたいです!トータルリペア様のHP→http://tr-crew.com/wheel  

☆車の雑学☆



今日は、SA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)の

豆知識を書いてみようと思います。

まず、SAとPAの違いはカンタンにいうと

SAの方が規模が大きいと覚えておくといいと思います。

SAの設置間隔は約50km、PA(については約15km間隔を

目安として計画されています。

今、SAやPAの特集もテレビでやっているように

結構名物とかもあるみたいですね。

車で出かけるときはどんなものがあるか

調べていくと楽しいと思いますよ!!

  

◇車の雑学(車名の由来)◇



今日はトヨタの車名の由来について書いてみます!!

クラウン:これは王冠という意味。(これはわかりやすいですね)

クラウンマジェスタ:「マジェスタ」は英語で「威厳」「尊厳」という意味のMAJESTYをもとに作った言葉。

クレスタ:スペイン語で「西洋の紋章の頂(いただき)に輝く飾り」という意味。

セルシオ:ラテン語で「至上、最高」という意味のセルサスをもとした造語。

ヴィッツ:英語の「Vivid」(鮮やかな)とドイツ語の「Witz」(機知)を掛け合わせた造語。

カローラ:英語で「花の冠」という意味。

今日はこの辺にしておきます。

現在のブロス郡山の在庫状況はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
goo-net在庫情報
  


◇車雑学(乗り物酔いに効くつぼ)◇

今日は車の雑学として

乗り物酔いに効くつぼについて書きたいと思います。

乗り物酔いで吐き気がする時は、

ろっ骨の少し下あたりのみぞおちというつぼを、

息を吐きながら5~6秒間、

押す動作を何度か繰り返すと、

多少楽になります。

車酔いする方はぜひ使ってみて下さい。
  
タグ :車雑学つぼ


◇スタッドレスタイヤの原理◇

今日はスタッドレスタイヤの原理について

少し書いてみます。

スタッドレスタイヤを見てみると

タイヤの表面が独特の割れ目で

形成されています。

なんとこの独特の形をした溝に道路上に雪が、

うまい事入り込み、その入り込んだ雪が車の重さと、

タイヤの回転力でトゲのような形になり、

雪に食い込むという仕組みなんです。

スタッドレスタイヤを考えた人

すごいですね。

皆さんスタッドレスタイヤでも

雪道は気をつけて運転しましょうicon16  


◇車酔いを防ぐ方法◇

今日は車酔いを防ぐ方法を書きますicon16

車酔いを防ぐ方法で一番簡単な方法は、

黒のサングラスをかけて車に乗ることです。

たったこれだけです。

乗り物酔いが起こる原因は、

外の激しい光が目を刺激し目に入ってくる速い風景に、

眼球の動きがついて行けなくなり、

脳が混乱を起こして気分が悪くなります。

それを、サングラスをかける事により、

刺激を和らげるという訳です。

車酔いでお困りの方は試してみて下さいicon09


  


◇静電気を感じにくくする方法◇

だんだん寒くなってきました。

今日は、車の開け閉めするとき

静電気を感じにくくする方法を書きます。

方法はすごく簡単で手のひらで触るように

すればイイだけです。

ちょっとはビリッとするかもしれませんけど

指先で触ったときほど痛みを感じません。

皆さん実践してみて下さい。
  


◇車の給油ランプが点灯!!◇

今日は給油ランプについての雑学です。

車の給油ランプが点灯した経験

皆さんあると思います。

一般的な自動車の場合、

ガソリンの残りが8~11リットルぐらいで、

給油ランプが点灯するしくみになっています。

ですので距離にして約50kmは走れるので

その間にガソリンスタンドを見つけましょう。

  

☆車 雑学☆

だんだん寒くなってきましたね。

朝、車に霜が張って大変な思いをしたことがある方

沢山いると思います。

そこで、今日はフロントガラスの曇り取りの方法を

書いちゃいます!!

冷え込みそうで、

次の日は霜がつくだろうと思える前の日は、

ガラス面にラップを貼っておきましょう。

そうすると、霜がついても面白いように、

ぺろっと剥がすことができます。

為になりましたか!?


  

◇車 雑学◇

今日は、交通信号の点灯時間が

どうやって決められているか書きますicon16

待ち時間が長かったり、

逆に短かったりして

信号の点灯時間はまちまちですよね。
   
では、この時間の設定はどのように

決められているのだろうか。
   
まず道路の幅員、車の交通量、歩行者の数を

総合的に検討して決められている。
   
近くにマンションができたとか、

大きなショッピングセンターができたなど、

その都度、警察が調査して

点灯時間の調整を行っているそうです。

警察も色々な仕事があるんですねにわとり



  
タグ :雑学


◆全車評価付き◆


ブロス郡山
全車両AIS基準により厳正検査、評価した中古車に付加される信頼のマーク付き!
随時検査&評価実施中face02
  

◇車雑学◇

今日の雑学は、交通違反で払った罰金はどこに使われているか書きます。

まず罰金は国庫収入となり日本銀行に預けられます。

その後、集まった罰金は、

年に2度、総務省管轄下で算定され、

人口や事故発生件数を参考にして

全国の地方自治体へ

「交通安全対策特別交付金」として交付されます。
   
これは交通安全のために、歩道、信号、標識などの

道路交通にかかわるものに使われています。

罰金の使われ方が分かっても

罰金払うのはイヤですけど。

皆さん交通ルールは守りましょうね!!  


◇車雑学◇

今日は少し車の雑学を紹介しますicon16

車のタイヤが黒いわけ知ってましたか?

タイヤはゴムでできているが、ゴム自体は黒くない。

しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、

ゴムには大量のカーボンを補強材として混入しなければならない。

カーボンは、黒いので必然的にタイヤは黒くなるんです。

  


◇車豆知識◇

【車シートのクリーニング方法】

☆用意するもの☆
ブラシ・ウェス・シートクリーナー(車の布専用のクリーナーはふき取りやすく、成分が残りずらいので、使い勝手がよいです)。

(1)掃除機をかける。
ブラシでシートのゴミを掃き寄せながら掃除機をかけます。スミの方にはゴミが入り込んでいるので丁寧にかけます。
布シートの中にはほこりが入り込んでいるので、棒で軽く叩きながら掃除機で吸い込んでいきます。

(2)シートクリーナーを噴きかける。
シートの深部まで染み込まないように薄くかけます。布地を痛めないように軽くブラッシングして拭き洗います。

(3)ふき取り。
水に浸して堅く絞ったウェスで、クリーナー成分をふき取ります。ウェスは汚れたら折り返して、常にきれいな面を使います。

(4)仕上げ。
乾いたウェスを押し付けながら、水分を吸い取ります。
  


◇車豆知識◇

今日は車内装のクリーニングについて書きます。

【用意するもの】
ブラシ・ウェス・レザー/プラスチック専用ツヤ出し兼クリーナー


(1)ブラシをかける。
パーツの隙間はゴミがたまりやすくて、出しずらい部分です。毛足の長いブラシを使って掃きだします。


(2)水拭きをする。
汚れている部分は水でぬらして堅く絞ったウェスで、拭き取ります。ただ、メーターパネルやコンポ類のプラスチック面を、いきなりウェスなどで拭くと細かい傷がついてしまいます。気になる汚れがない場合は、吹き飛ばしてほこりを払うようにしましょう。


(3)専用クリーナでふく。
ウェスに専用のツヤ出しクリーナをかけてふいていきます。出しすぎないよう薄くのばします。ツヤがでて滑りやすくなるので、ハンドルやドア開閉の握りには使わないように気をつけましょう。

明日休みの方は車内清掃してはいかがですか♪♪  


◇車豆知識(車内のクリーニング)◇


今日はマットのクリーニングについて書きますicon09

【用意するもの】
洗車ブラシ・ウェス・シートクリーナー:車の布専用のクリーナーは
ふき取りやすく、成分が残りずらいので、使い勝手がよいです。


(1)マットのゴミを落とす。
 マットの上のゴミを落とさないように注意深く外へ出します。
 車外で棒などを使って、マットのゴミを丁寧に落とします。


(2)シートクリーナーを噴きかける。
 クリーナー成分は短時間で消えやすいので、手早く作業しましょう。


(3)ブラシをかける。
 洗車ブラシでクリーナーを広げるように、全体をブラッシングします。
 込めて植毛の根元まで十分にクリーナー成分がいきわたるようします。


(4)すすぎ。
 水をかけながら力を入れてブラッシングします。


(5)乾燥させる。
 水分を振り払って水をきってから、乾いたウェスで水分を取ります。
 風通しの良いところに干して乾燥させます。

足元マットは一番汚れやすいのでこまめに洗うようにしましょう。