2012年03月11日

大震災、原発事故から1年・・・

未曽有の大震災が発生したあの日

2011年3月11日PM2:46

四季は巡って本日1年が経過しました。
当店の周辺は1年前の景色とは一変しています。
震災前は休耕田だった農業試験場跡地も
震災直後は災害派遣で来られた自衛隊の方々の野営所になっていました。
見なれない『第六特殊武器防護隊』の垂れ幕・・・
遠くは鳥取の基地から駆け付けた車輛も見受けられました。
現在は政府指針の避難区域の富岡町、双葉町、川内村からの
避難住民の仮設住宅が多数あります。

また、1年前までは意識したことも無い放射線に苦しめられています。
市内の公園は放射線除染前、除染後の数値が書き込まれたボードが有ったり
公園なのに子供が誰ひとり遊んでいない・・・
最近は放射線測定機が各地の公園や、学校等に配置されています。
福島の子供たちはガラスバッチによる放射線被ばく量の測定を実施しています。
子供の将来にどのような影響が出るかもわからないままです。

福島産とゆうだけで受け付けもされない農産物、風評被害・・・
福島県浜通り地区は漁業の町なのに漁に出る事さえ出来ない漁師が大勢います。
農家も漁師も収入を断たれています。
今後いつまで放射線の被害が続くかもわからないまま時間は無情にも過ぎ去っています。

震災が有ってからは人々の良い部分、悪い部分を間近で見てきました。
この1年はあっとゆう間に過ぎ去りました。
福島県民にとってこの1年間はとても辛い1年だあったと感じます。
あの事故が無かったら・・・何度も考えますが、起きてしまった現実はしっかりと受け止め
今の私たちに出来る事は何かを考え、地元福島県の復興を応援し、被災され避難された方々への
支援を継続させて頂きたいと思います。

原発事故の影響により避難された方々が一日も早く帰れる事、
子供たちの明るい未来を心より願い、継続し福島県を支援頂いている方々
東京電力福島第一原子力発電所において復旧収束作業に従事されている皆様に感謝いたします。

東日本大震災により犠牲になられた全ての方々へ深く哀悼の意を表します。
また被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げますと共に、
皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。


同じカテゴリー(スタッフの日常・・・)の記事画像
これ食べて、
台風一過の晴天
ドレッシング
ドアロックアクチュエーター交換
6月8日の記事
雨降っても負けません!
同じカテゴリー(スタッフの日常・・・)の記事
 これ食べて、 (2014-08-18 19:00)
 台風一過の晴天 (2014-07-11 20:09)
 ドレッシング (2014-06-23 19:23)
 ドアロックアクチュエーター交換 (2014-06-12 11:19)
 6月8日の記事 (2014-06-08 18:04)
 雨降っても負けません! (2013-07-19 16:39)

Posted by ブロス郡山 at 14:08 │Comments(0)スタッフの日常・・・
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。