鎮魂2018.3.11:7年の節目

東日本大震災から7年の月日が流れさりました。

謹んで大震災、大津波犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

未だ各地で搜索が続けられ、発見に至っていない行方不明者の方々の早期発見を切に願います。


心深くに負った傷が癒えぬまま、時間だけが過ぎ去ってしまっている方も、沢山いらっしゃいます。
復興に向け、日々前進あるのみで、普段の生活を必死に生き抜いておられる方々も大勢居ます。
全ての皆様の心に『笑顔』が溢れる日が必ず来ることを信じております。

2011.3.11~景色が変わったあの日から7年
7年はあっという間の時間でもあり、もう7年か、、、という感情もあり、複雑な心境で、7年の節目を迎えました。
聞き慣れない緊急地震速報の警報音から始まった東日本大震災・・
東北沿岸部を襲う大自然の驚異、原発事故、風評被害様々な驚異を目の当たりにして
必死に生きてきた7年です。
まだまだ復興の道半ばではありますが、これからもブロス郡山は
東北福島の復興に微力ながら奮起させていただきます。

未来有る子供達に、豊かな福島、東北を残したい。
未来が、何よりも子供達の笑顔溢れる世界であってほしい
そう願います。

ブロス郡山
スタッフ一同

合掌




※写真は某日の福島県いわき市小名浜の朝日



Posted by ブロス郡山 at 2018年03月11日11:58
Comments(0)



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。