ちょっと真面目に・・

自動車整備工場には
部分認証工場 認証工場、指定工場があります。ご存知ですか?

車屋さんで整備=安心だと思ってませんか?
整備の知識があるから=安心だと思ってませんか?
整備工場=本当に安心ですか?

1995年頃の法改正でいわゆる『ユーザー車検』が可能になり、誰でも車検を通すことが可能になりました。
ユーザー車検代行!っていう看板がスタンドやら用品店やらあちこちで見るようになりましたね。。
格安車検が爆発的に増えましたね。
簡単に端折って言っちゃうと、
国が認める公道を走行しても良いですよって基準を今!クリアしてれば車検が通るってことです。
つまり整備しなくても基準をクリアしていれば車検は通るってことです。
整備を行なわないって事は費用が安いってことですね・・・・
それって安心ですか?

普段車に乗る前に、日常車両点検、毎回オイル、ベルト、タイヤ、灯火類点検してます??
オイル交換出してるから・・・・と安心してませんか?

車は消耗品の塊です。
タイヤやブレーキパッドは走ればほぼ確実に消耗します。
エンジンをかければベルト類は動き出しますから、消耗します。
エンジンが掛かれば、燃料を燃やして排気ガスが放出されます。
毎回高温になるエンジン。。
灯火類も球切れ・・・考えれば考えるほど消耗品しか思いつきません。。。

そもそも自動車は快適で便利な乗り物で誰でも手にすることができますし、生活必需品です。
が!!!
極端に言えば『鉄の塊』です。簡単に人の命を奪ってしまう怖い乗り物でもあります。

2年に一度の車検の時はしっかり整備してもらい、なおかつ掛かる費用をなるべく抑えた方が

安心できませんか?しっかり整備を行い、その費用を極力抑えることは得意分野です!!

整備をしなくて費用を抑えるのとは次元が異なることをご了承ください!!

自動車整備に従事する弊社社員は、皆国家資格所有者です!!
自動車整備は国家資格が必要で、国に届出を出して、認められた場所で整備をすることが出来ます。

当社バックヤードファクトリー郡山は『認証整備工場』です。
許可番号 東北整認 第4-7313 です。

お客様の大切なお車の整備を請け負い費用を頂戴し生業とさせていただいております。
更にはブロス郡山で販売させていただいたお車の納車前整備
すべて認証整備工場である、バックヤードファクトリー郡山で作業をさせていただいております。

お車の整備は命に関わるという認識を少しでもお持ちいただき、国に認められた認証整備工場での整備をオススメいたします。

ご参考までに
分解整備の定義とは
第3条 法第49条第2項の分解整備とは次の各号のいずれかに該当するものをいう。
(1) 原動機を取り外して行う自動車の整備又は改造
(2) 動力伝達装置のクラッチ(2輪小型除く)、トランスミッション、プロペラシャフト又はデファレンシャル、を取り外して行う自動車の整備又は改造。
(3) 走行装置のフロントアクスル、前輪独立懸架装置(ストラット除く)、又はリヤアクスルシャフトを取り外して行う自動車(二輪小型除く)の整備又は改造。
(4) かじ取り装置のギヤボックス、リンク装置の連結部、又は、かじ取りホークを取り外して行う自動車の整備又は改造。
(5) 制動装置のマスタシリンダ、バルブ類、ホース、パイプ、倍力装置、ブレーキチャンバ、ブレーキドラム(二輪小型除く)もしくはディスクブレーキキャリパを取り外し、又は二輪の小型自動車のブレーキライニングを交換するためにブレーキシューを取り外して行う自動車の整備又は改造。
(6) 緩衝装置のシャシバネ(コイルバネ及びトーションバー除くスプリング除く)を取り外して行う自動車の整備又は改造。
(7) けん引自動車又は被けん引自動車の連結装置(トレーラヒッチ及びボールカプラを除く)を取り外して行う自動車の整備又は改造。

「未認証工場」 は業として、分解整備をしてお客様から料金を頂戴してはいけません。
実際未認証工場でも分解整備をしているのが現状です。正規で許可を得た部分認証以外の整備を行っている整備工場も存在します。
実際お客様は認証/未認証の判別をすることが難しい現状もあります。
認証工場もしくは指定工場以外の人が、業として分解整備を行って料金を頂いてはいけないと法律で禁じています!つまり『違法行為』です。
万が一未認証整備工場で整備を行ってしまった場合は返金請求が可能とのことです。
 
誰でも知識があるからと分解整備してお金を徴収出来るのであれば認証工場の意味がなくなってしまいますよね。

 分解整備の具体例を挙げますと、
ブレーキパッドの交換をした。ドライブシャフト交換、クラッチを交換、足回りを交換、エンジンを載せ換え、ミッションおろしたなどなど
他にも沢山ありますが、大前提で車の修理は、ほぼほぼ分解整備です。
で!車検整備には分解整備が必要なわけです。

自己責任を問われる世の中ですので、車検等を依頼する際は依頼先が認証工場なのかご自身での確認注意が必要です。
依頼先が車屋だから、昔整備をしてた人に頼んだ、安くやってくれるから、もはや次元が異なってきます。
自己責任って事は万が一事故を起こした場合、全て自分の責任になるということを念頭においてください。
許可を得ていない場所での分解整備は違法行為ですから、依頼先は責任から逃れることしか考えないでしょうね・・・
辛い人生しか残りません。。

17周年を迎えたブロス郡山は安さの追求はもちろんですが、お客様の安心、安全も追求しています。
自社認証工場を完備しお客様のカーライフをサポートさせていただく気持ちは今後も頂きつつ
サービスの向上に日々精進させていただきます。


弊社グループ

富山、盛岡、水戸は認証整備工場です。

以外の拠点は

認証整備工場及び指定整備工場と業務提携を行っております。



Posted by ブロス郡山 at 2018年05月11日15:54
Comments(0)



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。